遺品整理のタイミングは「今」です

遺品師襟をいつすればいいのか?
それは「今」です、
「遺品整理をそろそろしなければいけないかなぁ?」
そう考えているのなら、まさしく「今」なんです。
遺品整理は「物」の整理と「心」の整理です。
これが本当に大変なんです。
遺品整理をやりだすと
「残すもの」
「捨てるもの」
その区別をしなければなりませんが、その判断が時間の経過とともに変わりあmす。
親が亡くなってすぐでは、お茶碗ひとつ捨てことなんてできないでしょう。
でも、それも時間が経てば心の準備も整ってきます。
だからこそ「そろそろ遺品整理もしなくては」という気持ちになれるのです。

遺品整理をしだすとみなさん悩まれるのが
「なにを捨てる」
「なにを残す」
です。
親は生前たくさんのモノに囲まれて暮らしていたはずです。
整理整頓して暮らしていた親であっても、いざ片付けや遺品整理を始めてみるとそのニモノの多さに驚くと思います。
どこからてをつければいいのか?
途方に暮れてしまうことも少なくありません。

そのモノの量に困り果て、片っ端から捨てる
それも親との思い出を考えればなかなかできません。

しかし、時間が経てば経つほど遺品整理は大変になってきます。
それは子供自身も高齢者になっていき、気力体力が落ちてくるからです。
親が亡くなって10年も経てば、おそらく子供もすでに高齢者です。
ひょっとしたら兄弟の中には体調を崩してしまう人も出てくるでしょう。
では、その兄弟の代わりに甥や姪が手伝ってくれるかというとおそらくそれは難しいことでしょう。
なぜなら、そんなことを頼まれても甥や姪からスでば大きな迷惑です。
さらに甥や姪からすればおじちゃんおばあちゃんの生前のことなどあまり詳しく知りません。
できれば少しでも兄弟たちが元気なうちに遺品整理は始めなければなりません。
これらのことを考えれば出来るだけ早く遺品整理は始めなければなりません。
だからこそ「遺品整理を始めるのは今」ということになるのです。
遺産相続で揉める人と揉めない人の差

離婚で財産分与と慰謝料をまとめて払うケースもある

妻が専業主婦で収入がなく、夫の収入で生活してきて、預金名義などすべて財産が夫名義だった場合の財産分与はどうなるのでしょうか?
この場合も妻は夫に財産分与を請求できます。
それは家事労働も結婚生活の基盤を支えるための大切な要素であり、それがあって初めて夫が働けて財産形成ができたと考えられているからです。
共働き夫婦でも名義云々に関係なく、婚姻中に貯めた預金などは夫婦それぞれの貢献度に応じて財産分与されます。

なお財産分与と慰謝料が別物です。
相手がまとめて考えるケースもあります。
でもその場合、少し話がややこしくなります。
慰謝料と財産分与が別々であることを明記して
協議離婚の場合は公正証書
調停離婚の場合は調停調書の最後位に
「両者間には本書に定める以外、なんら債権債務がないことを確認する」
という条項が入れられます。

中には
「一刻も早く離婚したい」
という李唯腕財産部如意を放棄しチェしまうケースも少なくいありません。
または納得できない財産分与でも了承してしまったりもします。
そんな場合は必ず後でこうお買いします。
親権と異なり、財産分与は必ず離婚前に夫婦で決めておかなければならいことではありませんが、いったん書面で
「放棄する」
「なんら債権を負わない」
と明記すると後でひっくり返すことは相当困難になります。
しかも調停離婚の場合はその後の財産分与の請求では婚姻中よりも少なく分与される傾向にあり不利な場合もあります。
また離婚後にあいてが勝手に処分してしまうと1円も貰えない可能性もありあmす。
やはり離婚の財産分与は離婚の話を進めていくうえできっちりと決めておく方が有利な財産分与になることが多いです。

ちなみに離婚の財産分与は離婚後3年以内に申し出が無ければその請求権は失われてしまいます。
ですから離婚を考えたのならば予め双方の財産をきちんと調べ上げておく必要があるのです。
離婚前提の別居状態であればその財産の調査は簡単ではありません。
旦那への怒りがおさまらない